【飛行機パイロット】飛行機・パイロットに関する知識を公開中!

【航空機事故】フェデックス1478便墜落事故について

【航空機事故】フェデックス1478便墜落事故について

概要

  • 日付:2002年7月26日
  • 航空会社:フェデックス
  • 使用機材:B727-232F(機番:N497FE)
  • 乗員:3名
    • 機長:55歳男性(総飛行時間:約13,000〜14,000時間)
    • 副操縦士:44歳男性(総飛行時間:8,500時間)
    • 航空機関士:33歳男性(総飛行時間:2,600時間)
  • 乗客:なし
  • 犠牲者:なし
  • 出発地:メンフィス国際空港(テネシー州)
  • 目的地:タラハシー国際空港(フロリダ州)

フェデックス1478便は、タラハシー国際空港のRWY27にアプローチを計画していましたが、風が穏やかだったため急遽RWY09にビジュアルアプローチを行うことにしました。

【当時のタラハシー国際空港の天候】

飛行ルートにフロントなどはなく、タラハシー国際空港があるフロリダ州はリッジ場で高気圧帯(ハイカバー)で覆われており、多くのエリアはVMC状態でした。

タラシー国際空港のASOS:Automated Surface Observation Systemのデータによると、 「0653, wind calm, visi 9sm, few 100ft, sct 1,500ft, 15,000ft and 25,000ft, 22°/22°, 30.10inHg, sector visi SW-NW 1/2 mile, cumulonimbus SE and SW, smoke scattered at 1,500ft, smoke plume over the aproach end of RWY 9」

ベースレグまで順調に飛行し、「Gear Down」「Flaps 30°」 で滑走路手前約1.1kmの滑走路延長線上にある、林に墜落してしまいました。

木々への衝突の影響で、飛行機進行方向とほぼ逆の方向に向いて止まりました。

事故原因

事故現場:NTSB

NTSBの見解によると、操縦士達が夜間のビジュアルアプローチで正しいフライトパスをキープできなかったことだとしました。

通常よりパスが低くなっていたので、滑走路横に取り付けられているPAPIは全て赤色だったはずなのに、操縦士達は認めませんでした。

墜落後の検査をすると、副操縦士は色盲であった事がわかり、PAPIの赤と白の区別が難しかったそうです。

フライトパスをキープできなかった原因は、疲労でした。

まとめ

パイロットにとって目は命です。

現在は、色盲の検査が航空身体検査に取り入れられています。

赤と緑でできた数字が書かれているカードを見せられ、そこに書かれている数字読み上げます。

また、疲労状態だとどんなに健康な人でも、ミスをするという教訓ではないでしょうか。

【参考文献】



>飛行機パイロットTV

飛行機パイロットTV

1週間に1本以上動画配信中です。あなたの登録が励みになります!

CTR IMG