【飛行機パイロット】飛行機・パイロットに関する知識を公開中!

【フライトプラン】一体何が書かれているの?

【フライトプラン】一体何が書かれているの?

フライトプランを提出すると、何かあった際に「Search and Rescue」が活動するのに役立ちます。

では早速、実際にどんな内容を記載して提出するのか見ていきましょう。

  • 航空機の国籍記号、登録記号及び無線呼び出し符号
  • 航空機の型式及び機数
  • 機長(ただし、編隊飛行の場合は編隊指導者)の氏名
  • 計器飛行方式又は有視界飛行方式(以下「VFR」という。)の別
  • 出発地及び移動開始時刻
  • 巡航高度及び航路
  • 最初の着陸地及び離陸した後、当該着陸地の上空に到着するまでの所要時間
  • 巡航高度における真対気速度
  • 使用する無線設備
  • 代替空港等(IFRによる飛行であって代替空港等を定めない場合又はVFRによる場合は不要)
  • 持久時間で表された搭載燃料
  • 搭乗する総人数
  • その他航空交通管制並びに捜索及び救助のため参考となる事項
「最初の着陸地及び離陸した後、当該着陸地の上空に到着するまでの所要時間」とは、離陸時刻から到着予定時刻までの時間を言う。
到着予定時刻:計器進入により飛行する航空機(以下「IFR機」と言う。)については、航空保安無線施設を利用して定められた計器進入方式の開始点たる地点(以下「開始点」と言う)上空に当該機が到達する予定時刻とする。ただし、飛行場に関連する航空保安施設がない場合には、当該飛行場上空に到達する予定時刻とする。又、VFR機については、当該機が飛行場上空に到達する予定時刻とする。(ADF進入方式、VOR進入方式、TACAN進入方式、VOR/DME進入方式、ILS進入方式、LOC進入方式及びRNAV進入方式の各開始点を言う)
開始点が示されていないILS進入方式にあっては、当該進入方式又は当該進入方式に至るまでの経路上における待機フィックスるで目的地から最も近いものとする。又、開始点に待機経路が設定されていない場合にあっては、当該進入方式に至るまで経路上における待機フィックスでその開始点から最も近いものとする。

まとめ

フライトプランのフォーマットは、上記のようになっています。

フライトプランに用いる文字は、原則英語を使用し、アルファベットの「大文字」で、字体は「活字体」、数字は「アラビア数字」と決まっています。

使用する時刻は、国内線も国際線もUTC(協定世界時)で記載します。

【参考文献】

【関連記事】

>飛行機パイロットTV

飛行機パイロットTV

1週間に1本以上動画配信中です。あなたの登録が励みになります!

CTR IMG