【飛行機パイロット】飛行機・パイロットに関する知識を公開中!

【学科試験】定期運送用操縦士(飛):2019年7月航空法規

【学科試験】定期運送用操縦士(飛):2019年7月航空法規

(1)国際民間航空条約の条文で誤りはどれか。

Correct! Wrong!

(2)国際民間航空条約の各条文(a)~(d)のうち、正しいものはいくつあるか。(1)~(4)の中から選べ。 (a)各締約国の当局は、不当に遅滞することなく、他の締約国の航空機を着陸又は出発の際に検査し、及びこの条約で定める証明書その他の書類を検閲する権利を有する。 (b)国際航空に従事するすべての航空機は、登録を受けた国が発給し、又は有効と認めた耐空証明書を備えつけなければならない。 (c)各締約国は、すべての空域の飛行に関しては、自国民に対して他の締約国が与えた技能証明書及び免状を認めることを拒否する権利を留保する。 (d)国際航空に従事するすべての航空機については、この条約に従つて随時定められる形式で航空機、その乗組員及び各飛行の細目を記入した航空日誌を保持しなければならない。

Correct! Wrong!

(3)定期運送用操縦士が旅客を運送する航空運送事業の用に供する航空機に乗り組んで操縦する場合の航空身体検査証明の有効期間で正しいものはどれか。

Correct! Wrong!

(4)航空英語能力証明について(a)~(d)のうち、正しいものはいくつあるか。(1)~(4)の中から選べ。 (a)本邦内の地点と本邦外の地点との間において行う航行では航空英語能力証明が必要である。 (b)本邦内から出発して本邦内に着陸する航行でも他のFIRR(福岡FIR以外)を通過する航行では必ず航空英語能力証明が必要である。 (c)航空英語能力証明が必要な航空機の種類は飛行機、回転翼航空機及び飛行船である。 (d)航空英語能力証明が必要な航行で操縦のために2名が必要な航空機においては操縦士のうち1名が航空英語能力証明を有していれば航行できる。

Correct! Wrong!

(5)

Correct! Wrong!

(6)航空法施行規則第149条(航空機の運航の状況を記録するための装置)の記述で正しいものはどれか。

Correct! Wrong!

(7)3,000メートル以上の高度で飛行する航空機に適合する有視界気象状態の条件で誤りはどれか。

Correct! Wrong!

(8)

Correct! Wrong!

(9)航空法第65条(航空機に乗り組ませなければならない者)において、機長以外に当該航空機を操縦できる者を乗り組ませなければならないもので誤りはどれか。

Correct! Wrong!

(10)航空運送事業の用に供する航空機の運航に従事する操縦者に係る最近の飛行経験で正しいものはどれか。

Correct! Wrong!

(11)航空法第71条の3(特定操縦技能の審査等)において、操縦等を行おうとする航空機と同じ種類の航空機について、操縦技能審査員の特定操縦技能審査を受けなくとも特定操縦技能を有することが確認される場合で誤りはどれか。

Correct! Wrong!

(12)機長の義務又は権限等に関する記述で誤りはどれか。

Correct! Wrong!

(13)

Correct! Wrong!

(14)

Correct! Wrong!

(15)空港等付近の航行方法について誤りはどれか。

Correct! Wrong!

(16)航空法施行規則第191条の4(特別な方式による航行の許可の基準)の記述で誤りはどれか。

Correct! Wrong!

(17)

Correct! Wrong!

(18)航空法施行規則第177条(巡航高度)を適用した高度で誤りはどれか。ただし、法第96条第1項の国土交通大臣が与える指示に従う場合を除く。

Correct! Wrong!

(19)航空法施行規則第188条(地上移動)の記述で誤りはどれか。

Correct! Wrong!

(20)運航規程に記載する必要のある事項で誤りはどれか。

Correct! Wrong!

【学科試験】定期運送用操縦士(飛):2019年7月航空法規
残念!

めげずにもう一度挑戦してみましょう!
合格!

おめでとうございます!
>飛行機パイロットTV

飛行機パイロットTV

1週間に1本以上動画配信中です。あなたの登録が励みになります!

CTR IMG