【飛行機パイロット】飛行機・パイロットに関する知識を公開中!

【学科試験】事業用操縦士(飛):2019年5月空中航法

【学科試験】事業用操縦士(飛):2019年5月空中航法

1. RCAから変針点BまでのCHに最も近いものはどれか。

Correct! Wrong!

2. 変針点Bから変針点CまでのGSに最も近いものはどれか。

Correct! Wrong!

3. A空港からD空港までの予定飛行時間に最も近いものはどれか。

Correct! Wrong!

4. A空港からD空港までの予定使用燃料に最も近いものはどれか。

Correct! Wrong!

5. 変針点CからEOCに向けオンコースで飛行中、CHは060°、TASは125、GSは134 ktであった。このときの風向(磁方位)と風速に最も近いものはどれか。

Correct! Wrong!

6. 変針点C上空において、QNHが29.92 inHgで外気温度が-10゚Cのとき、TAS125 ktで飛行するためのCASに最も近いものはどれか。

Correct! Wrong!

7. 磁針路330°で飛行中、航空機からの物標の方位が真南であった。このときの物標への相対方位(Relative Bearing:RB)について正しいものはどれか。

Correct! Wrong!

8. 中緯度付近において航路及び距離の測定が最も正確にできるものはどれか。

Correct! Wrong!

9. 方位及び距離に関する記述(a)、(b)について、その正誤の組み合わせとして正しいものはどれか。(1)~(4)の中から選べ。 (a)緯度1分の距離は60 nmである。 (b)日本時間(JST)に9時間を足すと、協定世界時(UTC)となる。

Correct! Wrong!

10. G空港(34゚20' N 136゚50' E)を出発し、H空港(34゚20' N 131゚50' E)へ日没の30分前に到着したい。ETEを1時間20分とする場合、離陸予定時刻に最も近いものはどれか。ただし、G空港の日没時刻は17時40分とする。

Correct! Wrong!

11. 計器高度4,500 ftで飛行中、標高500 mのチェックポイントを真横下方45度に視認した。このときの自機からチェックポイントまでの水平距離に最も近いものはどれか。

Correct! Wrong!

12. 航法計算盤を利用した換算値(a)~(d)のうち、正しいものの組み合わせはどれか。(1)~(5)の中から選べ。 (a)56 galは約212 ℓである。 (b)1,560 mは約4,750 ftである。 (c)-10 ℃は約14 ゚Fである。 (d)462 kmは約288 nmであり約250 smである。

Correct! Wrong!

13. 変針点Eから変針点Fへ飛行中、Eから20 nmの地点においてオフコースの距離が1 nmであった。Fの地点に直接向かうための修正角に最も近いものはどれか。ただし、EF間の距離は30 nmとする。

Correct! Wrong!

14. 風030°/20 ktのもとで、TAS120 ktの航空機がTC280°を最大進出する時の風030°/20 ktのもとで、TAS120 ktの航空機がTC280°を最大進出する時の2時間00分とする。

Correct! Wrong!

15. あるVOR局を利用してタイムディスタンスチェックを実施した。磁針路360度で飛行中、そのVOR指針が280度から260度に変化するのに要した時間を測定したところ3分間であった。この時のTASが120 ktである。無風時、そのVOR局にインバウンドで向かう場合、VOR局までの距離と所要時間の組み合わせで正しいものはどれか。

Correct! Wrong!

16. 航法無線機器に関する記述(a)、(b)について、その正誤の組み合わせとして正しいものはどれか。 (a) DME受信機により得られる距離情報は、DME局からの水平距離である。 (b) TACANの方位信号の作動原理はVORのそれとはまったく異なったものであるが、機上DME装置によってこの施設をDME局として利用できる。

Correct! Wrong!

17. 操縦室のHSIが右図のように表示されている。局からのラジアル030のインバウンドに45°のカットアングルで会合させるための針路として正しいものはどれか。

Correct! Wrong!

18. GPSについて誤りはどれか。

Correct! Wrong!

19. 低酸素症(ハイポキシァ)について誤りはどれか。

Correct! Wrong!

20. CRMスキルにある意思決定(Decision Making)に関して次の文(a)、(b)について、その正誤の組み合わせとして正しいものはどれか。 (a)意思決定のプロセスに必要な問題を特定し、それに対する解決案を考え、決定後の行動を振り返るスキルをいう。 (b)航空機内外で起こっている事象を認識するだけでなく、それを分析し、これからどのように変化するかを予測するスキルをいう。

Correct! Wrong!

【学科試験】事業用操縦士(飛):2019年5月空中航法
合格!おめでとうございます!

残念。もう一度挑戦してみましょう!

>飛行機パイロットTV

飛行機パイロットTV

1週間に1本以上動画配信中です。あなたの登録が励みになります!

CTR IMG