【飛行機パイロット】飛行機・パイロットに関する知識を公開中!

【学科試験】事業用操縦士(飛):2019年3月 航空法規

【学科試験】事業用操縦士(飛):2019年3月 航空法規

  • 制限時間:40分
  • 問題数:20問

1. 航空法第2条(定義)で定める条文で誤りはどれか。

Correct! Wrong!

2. 事業用操縦士の技能証明の業務範囲(a)~(d)のうち、正しいものはいくつあるか。(1)~(5)の中から選べ。(a)報酬を受けて、無償の運航を行う航空機の操縦を行うこと。(b)報酬を受けないで、無償の運航を行う航空機の操縦を行うこと。(c)機長以外の操縦者として航空運送事業の用に供する航空機の操縦を行うこと。(d)機長として、航空運送事業の用に供する航空機であつて、構造上、1人の操縦者で操縦することができるものの操縦を行うこと。

Correct! Wrong!

3. 有視界気象状態の条件の説明で誤りはどれか。

Correct! Wrong!

4. 航空法第7条の定めにより新規登録を受けた航空機について所有者が変更登録の申請をしなければならない事項(a)~(d)のうち、正しいものはいくつあるか。(1)~(5)の中から選べ。(a)所有者の氏名又は名称及び住所に変更があった場合(b)運航者の氏名又は名称及び住所に変更があった場合(c)登録航空機の型式に変更があった場合(d)登録航空機の製造者に変更があった場合

Correct! Wrong!

5. 航空機が夜間において空中及び地上を航行する場合に、当該航空機を表示しなければならない灯火の種類で誤りはどれか。

Correct! Wrong!

6. 航空法第34条で規定する「計器航法による飛行」に関する記述で正しいものはどれか。

Correct! Wrong!

7. 事業用操縦士の航空身体検査証明の有効期間について誤りはどれか。

Correct! Wrong!

8. 航空法第71条の3で定める「特定操縦技能の審査等」について(a)~(d)のうち、正しいものはいくつあるか。(1)~(5)の中から選べ。(a)特定操縦技能の審査は航空機の型式ごとに行うものとする。(b)特定操縦技能の審査は実技審査のみ行うものとする。(c)特定操縦技能の審査は模擬飛行装置を使用して行うことができる。(d)特定操縦技能の審査は異常時及び緊急時の操作のみを行うものとする。

Correct! Wrong!

9. 航空機に装備する救急用具と点検期間の組み合わせ(a)~(d)のうち、正しいものはいくつあるか。(1)~(5)の中から選べ。(a)非常信号灯、携帯灯及び防水携帯灯 :60日(b)救命胴衣、これに相当する救急用具及び救命ボート:90日(c)救急箱:60日(d)非常食糧:90日

Correct! Wrong!

10. 航空法施行規則第97条(航空保安無線施設の種類)に規定された航空保安無線施設の種類(a)~(d)のうち、正しいものはいくつあるか。(1)~(5)の中から選べ。(a)NDB(b)DME(c)タカン(d)衛星航法補助施設

Correct! Wrong!

11. 航空法第59条(航空機に備え付ける書類)で定める「その他国土交通省令で定める航空の安全のために必要な書類」について誤りはどれか。

Correct! Wrong!

12. 航空法第51条の2第1項の規定により昼間障害標識を設置しなければならない物件(国土交通大臣が昼間障害標識を設置する必要がないと認めたもの及び高光度航空障害灯又は中光度白色航空障害灯を設置するものを除く。)の説明で誤りはどれか。

Correct! Wrong!

13. 航空法第75条により、機長が航空機の航行中、その航空機に急迫した危難が生じた場合にとらなければならない措置で正しいものはどれか。

Correct! Wrong!

14. 進路権に関する記述で誤りはどれか。

Correct! Wrong!

15. 航空法第76条(報告の義務)で機長が報告しなければならない事項のうち、誤りはどれか。ただし、機長が報告できないときを除く。

Correct! Wrong!

16. 航空法第94条ただし書きの許可を受けて管制圏又は情報圏を飛行する場合(特別有視界飛行)、従わなければならない基準(a)~(d)のうち、正しいものはいくつあるか。(1)~(5)の中から選べ。(a)雲から離れて飛行すること。(b)飛行視程を1,500m以上を維持して飛行すること。(c)地表又は水面を引き続き視認できる状態で飛行すること。(d)当該空域における当該許可を行う機関と必要に応じ連絡を保つこと。

Correct! Wrong!

17. 国土交通大臣の許可等に関する記述(a)~(d)のうち、正しいものはいくつあるか。(1)~(5)の中から選べ。(a)編隊飛行を行う場合は国土交通大臣への届け出が必要である。(b)航空機から物件の投下を行う場合は国土交通大臣の許可が必要である。(c)航空機から落下傘降下を行う場合は国土交通大臣の許可が必要である。(d)曲技飛行を行う場合は国土交通大臣への届け出が必要である。

Correct! Wrong!

18. 航空法第97条(飛行計画及びその承認)について誤りはどれか。

Correct! Wrong!

19. 航空法施行規則第209条の2(航空情報)について(a)~(d)のうち、正しいものはいくつあるか。(1)~(5)の中から選べ。(a)空港等及び航空保安施設の供用の開始、休止、再開及び廃止、これらの施設の重要な変更その他これらの施設の運用に関する事項(b)空港等における航空機の運休に関する事項(c)航空情報の提供は、書面又は電磁的方法によってのみ行う。(d)ロケット、花火等の打上げ、航空機の集団飛行その他航空機の飛行に影響を及ぼすおそれのある事項

Correct! Wrong!

20. 気象状態の変化その他のやむを得ない事由により、航空交通の指示に違反して航行したときの措置として正しいものはどれか。

Correct! Wrong!

【学科試験】事業用操縦士(飛):2019年3月航空法規
残念、不合格!

判断基準:合格は100点満点の70点以上とする。
合格!

おめでとうございます!

Share your Results:

>飛行機パイロットTV

飛行機パイロットTV

1週間に1本以上動画配信中です。あなたの登録が励みになります!

CTR IMG