【飛行機パイロット】飛行機・パイロットに関する知識を公開中!

【学科試験】定期運送用操縦士(飛):2019年5月航空法規

【学科試験】定期運送用操縦士(飛):2019年5月航空法規

1. 国際民間航空条約第1条~第3条の条文(a)~(d)のうち、正しいものはいくつあるか。(1)~(4)の中から選べ。 (a)締約国は、各国がその領域上の空間において完全且つ排他的な主権を有することを承認する。 (b)この条約の適用上、国の領域とは、その国の主権、宗主権、保護又は委任統治の下にある陸地及びこれに隣接する領水をいう。 (c)この条約は、民間航空機及び国の航空機に適用する。 (d)軍、税関及び警察の業務に用いる航空機は、国の航空機とみなす。

Correct! Wrong!

2. 国際民間航空条約第29条で航空機が携行を義務づけられている書類(a)~(d)のうち、正しいものはいくつあるか。(1)~(4)の中から選べ。 (a)登録証明書 (b)運用限界等指定書 (c)各乗組員の適当な免状 (d)旅客を運送するときは、その氏名、乗込地及び目的地の表

Correct! Wrong!

3. 定期運送用操縦士が旅客を運送する航空運送事業の用に供する航空機に乗り組んで操縦する場合の航空身体検査証明の有効期間で正しいものはどれか。

Correct! Wrong!

4. 航空英語能力証明について(a)~(d)のうち、正しいものはいくつあるか。(1)~(4)の中から選べ。 (a)本邦内の地点と本邦外の地点との間において行う航行では航空英語能力証明が必要である。 (b)本邦内から出発して着陸することなしに本邦以外の国の領域を通過し、本邦内に到達する航行では、航空英語能力証明は必要ない。 (c)航空英語能力証明が必要な航空機の種類は、飛行機及び回転翼航空機である。 (d)航空英語能力証明の有効期間は2年である。

Correct! Wrong!

5. 航空法施行規則第179条(航空交通管制圏等における速度の制限)の下線部(1)~(4)で誤りはどれか。 1. 法第82条の2第1号の空域(航空交通管制圏等)であつて、高度(1) 900m以下の空域を飛行する航空機にあつては、 次に掲げる航空機の区分に応じ、それぞれに掲げる指示対気速度 a. ピストン発動機を装備する航空機 (2) 170 ノット b. タービン発動機を装備する航空機 (3) 200 ノット 2. 法第82条の2第1号の空域(航空交通管制圏等)であつて、高度 (1) 900mを超える空域又は進入管制区のうち航空交通管制圏に接続する部分の国土交通大臣が告示で指定する空域を飛行する航空機にあつては、指示対気速度(4) 250 ノット

Correct! Wrong!

6. 航空法施行規則第154条(航空機の灯火)で航空機が夜間において空中を航行する場合に航空機が表示しなければならない灯火として正しいものはどれか。

Correct! Wrong!

7. 昼間障害標識の説明で正しいものはどれか。

Correct! Wrong!

8. 航空法施行規則第5条の4で飛行規程に記載すべき事項の書類として記述されている書類で(a)~(d)の正誤の組み合わせで正しいものはどれか。 (a)航空機の概要 (b)航空機の運用限界 (c)通常の場合における各種装置の操作方法 (d)発動機の騒音に関する事項

Correct! Wrong!

9. 航空法第65条(航空機に乗り組ませなければならない者)において、機長以外に当該航空機を操縦できる者を乗り組ませなければならないもので誤りはどれか。

Correct! Wrong!

10. 航空運送事業の用に供する航空機の運航に従事する操縦者に係る最近の飛行経験で正しいものはどれか。

Correct! Wrong!

11. 航空法第71条の3(特定操縦技能の審査等)において、操縦等を行おうとする航空機と同じ種類の航空機について、操縦技能審査員の特定操縦技能審査を受けなくとも特定操縦技能を有することが確認される場合で誤りはどれか。

Correct! Wrong!

12. 機長の義務又は権限等に関する記述で誤りはどれか。

Correct! Wrong!

13. 航空法施行規則第166条の2(異常事態の報告)において(a)~(d)のうち、正しいものはいくつあるか。(1)~(4)の中から選べ。 (a)空港等及び航空保安施設の機能の障害 (b)気流の擾乱その他の異常な気象状態 (c)火山の爆発その他の地象又は水象の激しい変化 (d)航空機の航行の安全に障害となる事態

Correct! Wrong!

14. 航空法施行規則第166条の4(事故が発生するおそれがあると認められる事態の報告)において(a)~(d)のうち、正しいものはいくつあるか。(1)~(4)の中から選べ。 (a)閉鎖中の又は他の航空機が使用中の滑走路への着陸又はその試み (b)飛行中において地表面又は水面への衝突又は接触を回避するため航空機乗組員が緊急の操作を行つた事態 (c)緊急の措置を講ずる必要が生じた燃料の欠乏 (d)航空機乗組員が負傷又は疾病により運航中に正常に業務を行うことができなかつた事態

Correct! Wrong!

15. 空港等付近の航行方法について誤りはどれか。

Correct! Wrong!

16. 航空法第83条の2に定める特別な方式による航行の許可の基準の記述で誤りはどれか。

Correct! Wrong!

17. 航空法第70条(酒精飲料等)の条文の空欄(ア)~(ウ)に入る言葉の組み合わせで正しいものはどれか。(ア)は、酒精飲料又は(イ)その他の薬品の影響により航空機の正常な運航ができないおそれがある間は、その(ウ)を行つてはならない。

Correct! Wrong!

18. 救急用具の記述で正しい組み合わせはどれか。航空運送事業の用に供する航空機であって客席数が(ア)をこえるものには、(イ)に供する(ウ)を装備しなければならない。

Correct! Wrong!

19. 航空法施行規則第188条(地上移動)の記述で誤りはどれか。

Correct! Wrong!

20. 航空法施行規則第157条の3に定める(乗務割の基準)について誤りはどれか。

Correct! Wrong!

【学科試験】定期運送用操縦士(飛):2019年5月航空法規
合格!おめでとうございます!

残念。もう一度挑戦してみましょう!

>飛行機パイロットTV

飛行機パイロットTV

1週間に1本以上動画配信中です。あなたの登録が励みになります!

CTR IMG