【飛行機パイロット】飛行機・パイロットに関する知識を公開中!

【FXFE577】極東850hPa気温・風、700hPa上昇流/700hPa湿数、500hPa気温予想図72時間予想の見方

  • 06/14/2019
  • 06/12/2019
  • 天気

【FXFE577】極東850hPa気温・風、700hPa上昇流/700hPa湿数、500hPa気温予想図72時間予想の見方

極東850hPa気温・風、700hPa上昇流/700hPa湿数、500hPa気温予想図72時間予想

何に使うの?

FXFE577は予想天気図で、72時間後の予想をしてくれます。

【FXFE577の意味】

  • FX:Forecast Miscellaneous(種々の予報)
  • FE:Far East(極東)
  • 577:500hPa、700hPa、850hPa、72時間予想

【hPaの換算】

  • 500hpa:18,000ft (=5,500m)
  • 700hPa:10,000ft (=3,000m)
  • 850hPa:5,000ft (=1,500m)

【図の記号の意味】

  • 太い実線:500hPa面での等温線
    • 基準:0℃(3℃毎に太い実線)
  • 細い実線:700hPa面での湿数(T-Td)
    • 細い実線:湿数6℃毎
    • 斜線で色付け:湿数が3℃以下のエリア(=雲が発生しやすい)

【他のFXFE系列の天気図との関係性】

  • FXFE 5782:12・24時間予想
  • FXFE 5784:36・48時間予想
  • FXFE 577:72時間予想

【図の分布】

  • 72時間予想
  • 500hPaの等温線
  • 700hPaの湿域 (T-Td)
  • 72時間予想
  • 700hPaのP-VEL (※1)
  • 850hPaの風向風速

【図の使い方】

  • 500hPaの等温線から、上空の寒気の分布と大気の安定度の確認(36•46時間後)
  • 700hPaのP-VELから、上昇流が発生するエリアとその強さ(地上の低気圧と対応していたり、今と比べてさらに発達していくのかの判断=必要ならば迂回)
  • 700hPaの湿数から、雲のエリアやその範囲
  • 850hPaの気温から、降水しているのであれば雨か雪の判断(冬場の目安として-6℃が雪の目安)
  • 850hPaの風向風速と気温から、前線の大まかな位置(36•46時間後)
※1:P-VELとは高層天気図などで使われ、P=Pressure(気圧)、VEL=Velocity(速度)という意味。マイナスの値が上昇流で、プラスの値が下降流。

いつ発表されるの?

【観測時刻】

  • 09:00 JST (00:00 UTC)
  • 21:00 JST (12:00 UTC)

どうやってアクセスするの?

>飛行機パイロットTV

飛行機パイロットTV

1週間に1本以上動画配信中です。あなたの登録が励みになります!

CTR IMG