【飛行機パイロット】飛行機・パイロットに関する知識を公開中!

【フライトコンピューターの使い方】VOR Stationまでの所要時間・距離の求め方

【フライトコンピューターの使い方】VOR Stationまでの所要時間・距離の求め方

突然ですが問題です。

ある小型機のパイロットは、対地150ktで飛行中、VORのベアリングが5°ずれる時間を計ったところ、2分かかりました。では、この小型機からVORまでの距離と時間はどのぐらいでしょうか?

では早速フライトコンピューターで計算してみましょう。

マニュアル航法計算盤

この問題のミソは、VORまでの所要時間を計算してからその距離を計算するところです。

まず初めに、VORまでの所要時間を計算してみましょう。

  1. 2:00 (2分:Bスケール)と 50 (5°)を合わせます
  2. 10 (Aスケール)を見つけ、Bスケールが答えになります。

よって、24分が正しい答えになります。

このタイプの問題は、Bスケールの黒色矢印を使わず、Aスケールの10を使用するところが通常とは違う手順なので注意しましょう!

では、今の情報をもとに、この機体の対地速度(GND Speed)が150ktで飛行しているとすると、VORまでの距離を計算してみましょう。

  • 15 (150ktの為)をAスケール、Bスケールの黒色矢印(60)を合わせる
  • Bスケールで24 (24分の為)を見つけ、Aスケールが答えになります。

よって、正しい答えは 60nmとなります。

【関連商品】

『一覧に戻る』

>飛行機パイロットTV

飛行機パイロットTV

1週間に1本以上動画配信中です。あなたの登録が励みになります!

CTR IMG