【飛行機パイロット】飛行機・パイロットに関する知識を公開中!

FCOM(The Flight Crew Operation Manual)とは?

FCOM(The Flight Crew Operation Manual)とは?

FCOMってなに?

FCOMって言葉聞いたことありますか?

これは、「エフコム」と呼び、次の頭文字からできています

FCOM:The Flight Crew Operation Manual

FCOMは、エアバス社が製造する機体の取扱説明書のようなものです。

製造された機体をどのように操縦すれば、飛行機の設計内で安全に効率よく運行できるのか、使用者に伝えてくれるものなのです。

なので、各航空会社やパイロット1人1人がしっかりと、FCOMが頭に入っていないと、飛行機を安全に飛ばせないでしょう。

車であれば、何か問題が起これば路肩に停車して、使用取り扱い説明書を読み始めればいいかもしれないですが、上空では飛行機は止まることができないです。

FCOMで提供されるものは:

  • 飛行機のシステムの情報
  • 飛行機のパフォーマンス
  • 手順(通常時、緊急時)
  • 運用限界(Operating Limitation)

それぞれの航空会社によって運航手順が違うところもあるので、FCOMはそれぞれの航空会社に向けて作成されているページもあります。

なので、その会社のやり方に従わなければいけないので、パイロットはそれぞれの航空会社が提供するFCOMに従って、飛行機のオペレーションを行います。(元々はエアバス社が発行)

航空会社で採用されたパイロットの卵や、転職組のパイロットの訓練もFCOMを元に訓練が進められます。

このマニュアルの意図の範囲外:

  • ベーシックパイロットスキル
  • ジェット旅客機の飛ばし方や情報
  • ベテランパイロットのエアーマンシップ
  • 通常手順の特徴

FCOMはAFM(Airplane Flight Manual)を補完する部分もありますが、AFMとFCOMが提供するデータの相違があるときは、AFMを参照しなければいけないです。

なので、FCOMと比べて、AFMが上位規定と言えるでしょう

【マニュアルの上下の関係性】

  • AFM > FCOM

FCOMをサポートする立ち位置として、FCTM (Flight Crew Techniques Manual)というものもエアバス社から提供されています。

【関連】

FCOMの5つのセクション

  1. Aircraft Systems:飛行機に装備されているシステム
  2. Procedures:通常の手順(SOP)、Supplementary Procedures、Abnormal and Emergency Procedures, Special Operations
  3. Limitations:リミテーション
  4. Operations Engineering Bulletins (OEB):すぐには改修できないけれど、運行者は知っておくべき情報や対応策
  5. Performance:各フライトフェーズにおいての、飛行機のパフォーマンスに関しての情報

 

>飛行機パイロットTV

飛行機パイロットTV

1週間に1本以上動画配信中です。あなたの登録が励みになります!

CTR IMG