【飛行機パイロット】飛行機・パイロットに関する知識を公開中!

パイロットのカバンの中で一番大切なものってなんだろう?

パイロットのカバンの中で一番大切なものってなんだろう?

空港でパイロットがキャリーケース をコロコロしているのを、見たことがありますか?

黒っぽいキャリーケースや、銀色のアタッシュケースのような立派なものがあります。

あの立派なカバンの中に入っているもので、一番大切なものは何だと思いますか?

今回は、パイロットの鞄の中に入っているもので、一番大切なものは何かを紐解いてみましょう。

早速答えになりますが、ANAの元キャプテンの井上博さんによると、一番大切なものは次の3つだそうです。

何はともあれ、私たちパイロットにとって大切なのが、「ルートマニュアル」だこれはジェブセン社がほぼ全世界のエアラインに配布している。

機長!〜飛行2万1456時間、きたえた翼に乗って〜(井上博)廣済堂新書

ルートマニュアルがないと、飛行機はどこをどのように飛べば安全かわからないです。

最低安全高度などを守ることにより、安全が担保されます。

それから、「飛行機の運用規定」。これはあまりにも膨大な量になるため、航空機に備え付けになったが、必要なものは抜粋して持っている。

機長!〜飛行2万1456時間、きたえた翼に乗って〜(井上博)廣済堂新書

エアバス式A320の運用規定は、メインのもので数百ページにもなるものが5冊もあります。

このほかにも補足の資料や、会社ごとの規定などもあり、知らなければならない規定ばかりです。

また、過去の先輩方が犯してしまった失敗から、新たに規定が増えます。

現在では、PDF化されタブレットなどで閲覧できるようになりましたので、紙で印刷する必要がなくなりました。

そして、「オペレーション・マニュアル」。いわば、会社の規定だ。

機長!〜飛行2万1456時間、きたえた翼に乗って〜(井上博)廣済堂新書

会社としてどのように安全を追求していくのか書いてあるので、その会社で飛ぶ以上、その会社の規定に従わなければなりません。

当然、転職すればまた新たな規定を覚えなおして、それに従って乗務することになります。

ほぼ全てが頭に入っている状態まで落とし込みますが、それでもたまにうっかりしてしまう時などに備えて、どこにどのようなことが書いてあるのかは分かるようにして、忘れてしまった時はすぐにそのページが開けるようにしている人が多いです。

まとめ

いかがだったでしょうか?自分の予想通りでしたか?

私は、免許類なのかと思いましたが、違ったようです。

3つが1番とは引っかかるところがありますが、「ルートマニュアル」「飛行機の運用規定」「オペレーション・マニュアル」の3点だそうです。

確かに、法律的には免許が必ず必要ですが、上空で免許を無くしても、ルートマニュアルなどがあれば、安全に着陸することができます。

もし生きて戻ることができれば、免許など再発行の手続きでいいのかもしれませんね。

今回は、パイロットのカバンの中で一番大切なもののご紹介でした。

ちなみに、ほかにどんなものが入っているのか、Captain Joeさんが紹介してくれています。


Amazon:こちらをクリック

>飛行機パイロットTV

飛行機パイロットTV

1週間に1本以上動画配信中です。あなたの登録が励みになります!

CTR IMG