【飛行機パイロット】飛行機・パイロットに関する知識を公開中!

【グライドスロープ②】設置位置は?有効範囲は?1ドットは?

【グライドスロープ②】設置位置は?有効範囲は?1ドットは?

地上アンテナはどこについているの?

  • 滑走路末端から210m〜375m内側に入ったところ
  • 滑走路中心線から120m離れたところ。

飛行機側のアンテナはどこについているの?

どのように設定されているの?

  • 滑走路進入端のを50ft(15m)の高さ(リファレンスデイタム)で通過するように、アンテナが設置・調整されています。

コックピットの計器:1ドットの角度は?

A320のPFDでは、Glide Slopeの情報は、高度計の左側に表示されます。

マジェンタ色のひし形が上下に動き、上に動けばパスより低く、下に動けば高くなります。

なので、マジェンタ色のひし形を追うように、操縦桿を引いたり押したりして微調整してあげます。

一番上のドットから、一番下のドットまでの厚さは約1.44°。

よって、1ドット=0.36°(1.44°/4=0.36°)になります。

範囲はどこから受信できるの?

水平方向
垂直方向
  • 有効到達距離:10nm
  • 水平方向:中心線から左右8度ずつ
  • 垂直方向:2.5°以上3.5°以下(CAT II/III運行では2.5°以上3°以下まで)

【参考文献】

  • Airbus|A320 Aircraft Characteristics Airport and Maintenance Plannning
  • AIM-J 131

【関連記事】

>飛行機パイロットTV

飛行機パイロットTV

1週間に1本以上動画配信中です。あなたの登録が励みになります!

CTR IMG