【飛行機パイロット】飛行機・パイロットに関する知識を公開中!

【飛行機のエンジン】燃料ヒーターについて

【飛行機のエンジン】燃料ヒーターについて

ジェット機はとても高いところを飛行するので、外気温度が-40℃になります。

なので、搭載している燃料もとても冷やされてしまい、燃料内の水分が燃料フィルターに凍り付いてしまい、うまく燃料供給ができなくなってしまう危険性があります。

これを予防するために、多くのジェット機には燃料ヒーターが取り付けられています。

エンジンからの熱を利用して、燃料を凍らない温度に自動的に保ってくれます。

また、パイロットが温度を操作することができる機種もあります。

Fuel Oil Heat Exchanger(A320)

上図は、A320の「Fuel Oil Heat Exchanger」の概略図です。

燃料タンクからエンジン内の燃料を霧状にする、「Injector」に向かって燃料が流れます。

上空では、燃料は氷点下以下になることとも多いので、燃料内に含まれる水分が凍らないように、燃料を温めてあげる必要があります。

逆にオイルなどは、冷やしてあげる必要があります。

この両方のニーズをマッチさせているのが、「Fuel Oil Heat Exchanger」です。

熱々のオイルを冷やすことができまると同時に、キンキンに冷えた燃料を温めることができるのです。

 

【関連記事】

【参考文献】

>飛行機パイロットTV

飛行機パイロットTV

1週間に1本以上動画配信中です。あなたの登録が励みになります!

CTR IMG