【飛行機パイロット】飛行機・パイロットに関する知識を公開中!

【飛行機のエンジン】小型機に使われるエンジン吸気システムのタイプ

【飛行機のエンジン】小型機に使われるエンジン吸気システムのタイプ

吸気システムは、外部から空気を持ってきて、それを燃料と混合します。

そして、その混合された気体をシリンダーに送り、燃焼が引き起こされます。

吸気される空気は、エンジンカウリングの前方から取り入れられます。

この吸気口には、通常フィルターが取り付けられ、ホコリなど異物がシリンダーに入り込むのを防いでくれます。

フィルターは目が細かいので、フィルターが詰まってしまった時のことを考え、吸気の代替ルートを用意しておく必要があります。

通常、この代替ルートはカウリングの内側に用意されている小型機が多く、フィルターが詰まると自動的にこちらのルートを使うものもありますし、手動で切り替えるタイプのものもあります。

小型機に使われるエンジン吸気システムのタイプ

  • キャブレターシステム:吸気管を通る前に、空気と燃料をキャブレター内で混合するタイプ。
  • インジェクションシステム(燃料噴射型):燃料と空気をシリンダーの直前で混ぜるか、直接シリンダー内に燃料を吹き付けるタイプ。

まとめ

今回は、吸気システムの入り口である、空気の入り口を見てきました。

次回以降、「キャブレーターシステム」と「インジェクションシステム」を見ていきましょう。

【関連記事】

【参考文献】



>飛行機パイロットTV

飛行機パイロットTV

1週間に1本以上動画配信中です。あなたの登録が励みになります!

CTR IMG